省エネリフォーム_アイキャッチ

省エネリフォームとは

省エネリフォームとは室内の暑さや寒さなどの快適性の向上や
冷暖房や給湯などの設備機器を入れ替えることで消費するエネルギーを少なくすることを目的としたリフォームのことです。

省エネリフォームには、「断熱」と「設備」を導入する方法があります

設備の種類は、主に「省エネ」と「創エネ」の2通りとなっており、部分的な取り入れよりも、トータルで長期的な視点に立ってご検討いただく事が重要です。
初期費用やどのレベルまで省エネしたいのか等、お気軽にご相談ください。

断熱

家の外壁を断熱材で施工し、窓や玄関ドアを断熱仕様にすることで、室温や外気温の熱の伝導が抑えられ冷暖房効率がアップします。

設備

省エネ設備

代表的なものは給湯設備です。
ガスや電気等熱源の違うタイプがあります。

創エネ設備

エネルギーをご自宅でつくりだす設備です。
近年、太陽光発電システムを設置されるご家庭が増えてきています。

断熱で省エネ

断熱できるところ

床、壁、天井裏等の躯体部分及び玄関・窓等の開口部を断熱化します。
断熱材が劣化していたり、古い家では入ってはいない場合もあります。
部分的では効果は上がりませんので施工の際は全体の施工をおすすめします。
また、できましたら玄関や窓等の開口部も合わせて断熱性能の高いものに取り替えられると更に断熱性アップにつながります。

省エネ_01省エネ_02省エネ_03省エネ_04省エネ_05

設備で省エネ

省エネ設備とは

エアコン・冷蔵庫・照明器具等、家電の電気消費量もさることながら、ご家庭のエネルギー消費量の3割以上を占めるのが「給湯」です。
お風呂・キッチン・洗面所等、給湯設備は、生活に無くてはならないものです。
その給湯設備を熱効率の高いものに替えることで、お住まい全体の省エネが可能となります。
給湯設備の種類は、以下のような熱源の異なる3タイプがあります。

主な給湯機器

エコフィール

エコフィール

石油給湯器

エネルギー源は石油を使用しています。
従来の石油給湯器が排気とともに放出していた熱エネルギーを、給湯する際に再利用できコンパクトな大きさで設置しやすくなっています。

エコジョーズ

エコジョーズ

ガス給湯器

エネルギー源はガスを使用しています。
従来のガス給湯器が捨てていた排気ガスの中の熱を回収し再利用してお湯をつくります。
給湯や追い炊きに加え、床暖房や浴室暖房ができるタイプもあります。

エコキュート

エコキュート

電気給湯器

エネルギー源として電気を使用しています。
ヒートポンプ技術で空気中の熱でお湯を沸かします。
貯湯用のタンクもあるので設置スペースが必要ですが、災害等で水道が使えなくなった際にはお役に立ちます。
また、割安な深夜電力が使え経済的です。

創エネ設備とは

「創エネ」の設備の一つに、「太陽光発電システム」があります。
太陽電池モジュールを屋根に取り付け、発電した電力を使用し、余った電力は電力会社に売ることができます。
設置費用が以前よりもお安くなった為、近年の導入件数は急激に増加してきています。
また、都市ガスを利用して発電し、その熱で給湯や暖房を行うエコウィル、エネファームなどもあります。
いずれも、国や自治体の補助金制度があります。

主な創エネ設備

エコウィル

ガス発電給湯暖房システム

発電ユニットと貯湯ユニットで構成されています。
燃料は都市ガスでエンジンで発電し、排熱を給湯や追い炊き・温水式床暖房に利用できる高効率のシステムです。

エネファーム

家庭用燃料電池

燃料電池ユニットと貯湯ユニットで構成されています。
都市ガスから水素を取り出し空気中の酸素と化学反応させるクリーンな発電方法で太陽光発電と併設することでさらに省エネ度がアップします。

太陽光発電

太陽光発電

現在の屋根に設置する事が可能ですが、パネルの重量に耐えられる屋根かどうか架台の設置が可能かどうか等、屋根そのものの状態の確認が必要です。
場合によっては下地の補強や補修工事が必要となります。