外構(エクステリア)のリフォーム

外構リフォーム

エクステリアの中でも、門まわりは住まいの「顔」ともなる重要なポイントです。
デザインはいいけど、使いにくい。家のデザインと合っていない。使いやすいけどの見た目が悪い。などと不満がでてはせっかくの工事も台無しになってしまうかも知れません。
外観のバランスと共に、住む人の個性やライフスタイルに合わせたデザインを考えていきましょう。

外構リフォーム

スタイル

クローズド(後)

●クローズドスタイル

建物周辺の門柱や門扉、フェンス、塀、生垣などを設けて敷地の周囲をすべて囲うオーソドックスな外構スタイルです。閉鎖的な雰囲気になりやすい一方で、プライバシーやセキュリティーの面を気にする方におすすめのスタイルです。門扉やフェンスなどのデザインや素材、演出次第で様々なテイストを作ることができます。

セミクローズド(後)

●セミオープン(セミクローズド)スタイル

オープンスタイルとクローズドスタイルのちょうど中間にあたるスタイル。駐車スペース以外を門柱・門扉、フェンス、生垣などで囲む外構スタイルです。高さが低く閉塞感のない門扉やフェンスを施すことで、周囲からの視線を遮りつつも、オープンスタイルに近い開放感を演出します。

オープン(後)カーポート付

●オープンスタイル

周囲に塀や門扉を作らない開放的なスタイル。欧米などでよく見られるスタイルで、道路に対して開放的な門・カーポートまわりがポイントです。人の目に触れやすいので、植栽などでプライバシーを確保する必要があります。防犯面において、侵入者が通行人などから丸見えになるため、 防犯面で有効な手法ともいわれています。
また、開放的で自由なスペースが魅力で、玄関に奥行きと広がりを見せる事で、その住宅の個性を存分に表現できます。エントランス機能(照明・インターホン・ポスト)を集約して、植栽とあわせるのがポイントです。

■エクステリアリフォームの基本ポイント

エクステリアのプランは、敷地や建物、アプローチ、駐車スペース、庭の位置とそれぞれの動線を生活スタイルなどから考慮することが大切です。夏の西日や、冬の室内受照、プライバシー保護、防犯を兼ねる遮蔽などを考慮したデザイン設計や、機能面や使い勝手など現在の不満点をチェックして、改善策をプランニングしましょう。

エクステリア図面

1・メインガーデン

メインガーデン

リビングルームやダイニングに接した庭のスペース。スペースがあるだけでもその機能はみたしますが、ただの土の庭では見た目にもよくないばかりか、雨が降った時には水たまりができたり、泥だらけになったりします。芝生にしたり、花壇をつくってガーデニングをしたり、また子供やペットの遊び場、オープンデッキやウッドデッキを庭につくってバーベキュースペースなど、リビングの延長として活用するケースも増えています。広さやライフスタイルに合わせて、ウッドデッキやテラス、ガーデンルームなどを設置して、アウトドアライフを楽しむ空間にしましょう。その人それぞれによって、作り方は変わってきます。自分の理想もしっかり把握して設計することが大事です。

2・サービスヤード

サービスヤード

サービスヤードとは、家に隣接するスペースのことで増築と考える人もいるようですが、これもエクステリアリフォームになります。ユーティリティやキッチンから直接出入りする場所に設けます。ガーデン用品の収納やゴミ置場、洗濯物干しなど外での家事作業となる場所なので、作業内容にあわせてプランニングします。雨の日も快適に使えるテラスやストックヤード、サンルームを作って、そこに観葉植物を置いたり、洗濯ものを干したりするのに役立ちます。道路や隣地からの視線が気になる場合は、スクリーンをプラスすると良いでしょう。サービスヤードの位置は、そこに何を置くのかによっても違ってきます。もしもウッドデッキを作るなら、室内からの出入りがしやすい場所に設置するとよいです。またサンルームとして観葉植物を置く場合には日当たりのいいところ、洗濯物を干したり、昼寝の場所として活用するなら、日当たりは良くても外からあまり見られないような角度、位置に設置しなければいけません。サービスヤードは、快適な生活、楽しい生活を送るためにしっかりと天候なども考慮して設計するといいでしょう。

3・アプローチ

アプローチ

道路に面した門から建物の玄関までのスペースがアプローチです。アプローチは、門をなるべく玄関と対面しない位置に設け、L字やS字など変化をつけた形状にし、石材やタイルなどの床材を張り分けします。アプローチは家の顔になる部分でもあります。来客の際は必ず通る場所になるのでデザインにこだわりたい箇所です。特に門や門柱は、重要なアイテム。建物、塀、フェンスなどとのバランスや街並みとの調和をよく考えて選びましょう。 また、機能性も考えなければなりません。階段やスロープが必要な箇所がある場合もありますし、夜に訪れた来客者の為、ライトを設置などが必要かもしれません。 アプローチはその道順によっては、家の中から見えないように死角にすることもできます。歩く目的だけではなくアプローチには様々な利点があるのです。そういった点を考慮しながら設計するとよいでしょう。

4・駐車スペース

駐車スペース

駐車スペースは、できれば玄関や勝手口から傘をささなくても出入りできるようにしておくと便利です。アプローチまで合わせて計画できるシステムタイプのカーポートは、敷地形状に合わせて選べるのでおすすめです。カーゲートやシャッターも含めてプランニングしましょう。車庫といっても種類はさまざまあり、屋根も壁もシャッターまでもついた建屋タイプ、簡易的なカーポートもあるでしょう。しっかり車を守るつもりなら建屋タイプ、あまりお金をかけたくないならカーポートタイプがいいでしょう。カーポートといっても、その種類は様々ですっぽり車が隠れるタイプもあれば、屋根しかないタイプなどもあります。 車を使わない時には、屋根のある車庫を有効活用することもできます。うまく利用し活用できるようプランニングをしていきましょう。