床のリフォーム

フローリング

無垢材(天然素材)

無垢材とは、その名のとおり、何の加工もしていない切り出したままの木材のことをいいます。
木の本来の質感、風合いという面で魅力があり、無垢の床材となったあとも、湿度を調節する、という「木の特性により、伸びたり縮んだり、まるで「生きている」ような性質を持ち続けます。化学物質を含まない自然素材としても注目されています。

無垢フローリングイメージ

無垢材のメリット・デメリット

【メリット】

吸湿発散性に優れているのが大きな特徴で、夏場、梅雨の時期などの湿度の高い時には湿気を吸い、冬場など乾燥しているときには湿気を放出します。
そのお陰で夏は空気がさらっとして涼しく感じ、裸足で歩いてもべたつかないですし、冬は、部屋の湿度が高くなることで暖かく感じます。
また、化学物質で作られた新建材などに比べ、呼吸器や皮膚への刺激も少ないため、健康的な住まいを得ることができます。

  • 木の持つ呼吸機能がつくる快適な空間
  • 踏み心地が柔らかなものが多く、足への負担が小さい
  • 傷がついても削ることで補修が可能
  • 経年変化を楽しむことができる
  • 身体も心も健康になる自然な空間
  • 自然素材なので、環境にも優しい

【デメリット】

優れた調湿作用のため木が『縮む』『膨らむ』という性質があり、多少の反りや割れが起こることがあります。
また同じ樹種であっても木目や年輪が全く同じものがなく、色ムラがあるものもあります。

  • 高価なものが多い
  • 手入れが必要
  • 木の特性を知る職人の施工が必要
  • 施工期間が少々長い
  • 傷が付きやすい
  • 色のばらつきが大きい

合板製フローリング

一般的にフローリングは薄く切った単板を繊維方向を互い違いに重ね
接着材でくっつけた合板に 突板(木材を薄く切った板)や化粧シート(印刷物)を貼ったもが主流です。
合板のほかにも木質のチップを接着材で固めたものもあります。

合板フローリングイメージ

合板製フローリングのメリット・デメリット

【メリット】

色や価格帯のバリエーションが豊富で、施工も簡単。なによりも価格の安さが魅力です。
温度・湿度の変化に強く、無垢フローリングに比べて膨張や収縮、ねじれや反りなどが生じにくいです。

  • デザインや色が豊富
  • 変形(反りや膨張。収縮)しにくい
  • 耐摩耗性や耐衝撃性、遮音性など部屋の用途によって選べる商品が多い
  • 掃除やメンテナンスが楽。
  • 抗菌や抗アレルゲンなどの商品も選べる
  • 床暖房にも対応できる。
  • 施工が楽。

【デメリット】

優無垢材と比べて暖かみがなく、ひんやりした感じがします。
足ざわりが硬くて冷たい…というデメリットがあります。

  • 傷が付くと、目立つ。
  • 熱や水気による、表面のひび割れや剥離がある。
  • 経年変化を楽しむことはできない
  • 踏み心地が硬い
  • 見た目の高級感は得にくい
  • 調湿作用はない。

無垢材フローリングの種類

【広葉樹】

一般的に内装材に用いる広葉樹は、重く硬いのが特徴で、強度があり傷が付きにくい材。縮みや反りが比較的少ないのも特徴です。

オーク(ナラ)

■オーク(ナラ)

硬木で、フローリングなどに向いた材。木目が美しいのも特徴。家具や洋酒の樽などにも多く用いられます。硬くて重厚、ハッキリとした木目で無垢材らしさを十分に味わえます。

ブナ(ビーチ)

■ブナ(ビーチ)

緻密な材質で、堅く粘りがある材。構造材や家具材などにも用いられる材。

メイプル

■メイプル

白くて淡い色をしていて、とても人気の高い床材です。
木目も複雑で、美しい光沢があります。粘りがあり、傷や衝撃にも強く家具や楽器などの材料としてもよく使われている、高級な床材です。特に鳥目杢(小さな渦巻き模様)があるものは、バーズアイメイプルと呼ばれ、珍重されてきました。材質は堅く、明るい色合いの中にも、優しい木目ときらきらと光る杢、自然な色むらが生える材です。

チーク

■チーク

なめらかな木肌で、強く、耐久性のある高級材。寸法安定性が高いことから、内装材や家具、船の甲板などに用いられています。重厚感に満ちた表情と色合いが人気のチーク。古くから、船の甲板に使われるなど、その優れた寸法安定性と耐久性には定評があります。

ウォールナット

■ウォールナット

北米産の広葉樹の中でも最高級のものです。深みのある色合いと重厚感のある風合いがあります。不規則な美しい木目が特徴。耐久性にも優れています。世界三大銘木としてチーク、マホガニーに並び人気のある樹種です。

クリ

■クリ

非常に硬く、なおかつ湿気に強く、狂いも少ない。古来から日本では家屋の土台に使われてきました。非常にはっきりしていて力強い木目が特徴です。年月とともに徐々に色合いが変化する味わいが楽しめます。

【針葉樹】

針葉樹は軽くて柔らかいので、歩行感や肌触りがよい材。素朴な風合いが魅力です。 

f_sugi_img

■スギ

日本人には馴染み深い国産の針葉樹の代表的な木材。辺材は白色で心材は淡紅色から赤褐色。スギの赤身は、腐りや塩分に対して耐久性も。やわらかくて加工しやすいため、床以外にも、造作や家具としても使用されています。スギは細胞間の空隙が大きいため多くの水分を吸収でき、調湿作用に優れた素材です。素足へのなじみが良く、衝撃の吸収性も高いため、リビング・寝室・子供部屋などのフローリング材として最適。

ヒノキ

■ヒノキ

日本を代表する高級材。特有の芳香や光沢があり、水にも強く、耐久性があります。杉よりも重くて硬く、木肌が白いのが特徴。水や白アリ、腐朽菌に対しても強いため、キッチン・洗面所・トイレなどの水回りへの使用が可能。ヒノキ独特の香りにはリラックス効果があるため、とくに浴室に使用されることが多くなっています。

アカマツ

■アカマツ

日本を代表する材脂分も多く、弾力性もあり、耐久性もあるので、床材だけでなく、構造部材にも用いられています。

カラマツ

■カラマツ

堅く強い材。脂分も多く、水にも強いため、柱や土台、船舶や枕木にも用いられる材。

パイン

■パイン

針葉樹の代表的な木材。伐採国や地域によって材質や風合いが異なりますが、節が多いため、素朴な雰囲気が生まれます。イエローパイン・ホワイトパイン・ポンデロッサパインなど、さまざまな種類があり、独特の木目が特徴的です。比較的柔らかくて温かみがあり、熱や衝撃を吸収するので住宅素材としては最適。ただし、ヤニが出るという欠点もあります。

竹

■竹

竹フローリングはその硬さから店舗など重歩行が必要な場所から一般戸建住宅まで幅広く使われています。モダンな雰囲気を演出するため、都心部のマンションにも一部使われ始めています。生長が早く、近年エコ材としても注目されています。竹フローリングは円筒形の竹を平らにして集成しますが、無垢材の中でも非常に寸法安定度が良い樹種の一つです。

カーペット

ウール・アクリル・ナイロンなどの繊維素材でできていますので、足触りが柔らかく、
色彩のバリエーションの多さから、暮らしの演出には重要なポイントを占める大切なインテリアです。

カーペットイメージ

カーペットの種類

ループパイル

【ループパイル】

毛先がループ状になっているもの。
サラッとした肌ざわり。
弾力があって復元性に優れていますので歩行量の多い廊下などにお薦めです。

カットパイル

【カットパイル】

毛先をカットしたもの。
ふわっとやわらかい肌ざわり。
耐久性はやや劣りますので、歩行量の少ない場所などにお薦めです。

【ループ&カットパイル】

カットパイルとループパイルを併用したもの。
デザインを強調させたり、色調を部分的に変化させる効果があり、様々な柄模様が表現できます。

素材

ウール

【ウール】

手ざわりがやわらかで暖かく、高級感溢れるカーペットなら、やっぱり自然素材のウール。
有害物質を出さない安全な素材。
断熱効果も高く、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。
湿度を調節する機能を持ち、梅雨時もサラッと快適。
人間の毛と同じく水をはじく性質があるので、シミがつきにくいという特長も持っています。

ナイロン

【ナイロン】

最も耐久性・耐摩耗性に優れているのがナイロン。
オフィスやホテルのロビーなど、人の行き来が多い場所によく使われています。
引っ張り強度が特に大きく、水に濡れても、その強度は衰えません。
また、薬品、油、カビや害虫を受けない点も特徴ですが、屈曲弾性、摩擦強度が他の織物に比べても格段に優れ、耐久力があるため、業務用途を中心に活躍しています。

アクリル

【アクリル】

ふっくらとして柔らかく、弾性や保湿性がよいなど、ウールに似た風合いをもっています。
また、吸水性が少ないので、水溶性の汚れが付着せず、帯電性も小さい。
耐薬品性があり、カビや害虫も受けません。
さらに、摩擦に強く、弾性がよい、鮮明な色相が得られます。

ポリプロピレン

【ポリプロピレン】

軽くて丈夫、そして湿気を取り込みにくい、汚れがつきにくいなどの特長があります。
繊維にする前の原料の段階で着色するので、日光による色あせも少なくなっています。

カーペット参考価格

クッションフロア

クッションフロアとはビニール系床シートの一種で「CFシート」とも言います。
表層にプリントやエンボス加工を施し、中間層には発泡プラスチックやフェルトなどのクッション材が用いられています。
また、色彩や模様の種類が豊富で、洗面脱衣、トイレなどの水廻りの床材として多く用いられています。
施工もさほど時間がかかりませんし、材料費も非常に安価です。

クッションフロアイメージ

クッションフロア材参考価格

畳床の種類

ワラ床

ワラ床

稲ワラを主材料にした、昔からある畳床です。
たくさんのワラを使用し、配列を多くし、縫い目間隔が細かいものが高級品とされています。

サンドイッチ畳床

ポリスチレンフォームサンドイッチ畳床

稲ワラを上下に使用しポリスチレンフォームを挟んだ畳床です。
稲ワラ畳床の特色も持ちながら軽量で、ダニが発生しにくい畳床です。

建材床

建材畳床

稲ワラを一切使用しないでポリスチレンフォームや細かいチップを圧縮したインシュレーションボード板を組み合わせ縫いこんだものです。
軽量で断熱性に優れており、水を吸収しません。
工業製品を主原料としているので品質が安定していてダニが発生しにくい畳床です。

 畳表替え参考価格
窓のリフォーム
壁紙・クロスのリフォーム
内装のリフォーム